Author Archive

クラウンアスリート

トヨタのハイブリッド車で多くの人から人気を得ていて利用されているのは「プリウス」でしょう。プリウスは車にそこまで詳しくない人でも聞いた事があるくらいに知名度も高いです。それは、それほどの性能がある為人気があっても当たり前くらいに感じますが、多くの人に人気や需要がある為に自分と同じ車を乗っている人が多く見かけることがあります。そういった事があまり好ましくない方もいるでしょうが、この人気では仕方のない事でしょうね。購入する際にシンプルで個性を感じないデザインが好ましくないと思っているのであればトヨタの「クラウンアスリート」が良いのではないでしょうか。

 

クラウンアスリートはプリウスとは正反対の高級感のあるデザインになっていますね。当然ハイブリッド車ですので、燃費は非常にいいですし、エコカーの減税対象になっているので家計にも環境にも優しい車ですね。この車の人気の理由は運転のしやすさなどがいいですね。車内のデザインも高級感のある作りになっているので、こういったデザインが好みの方にはハイブリッドでもあるので非常に適していることでしょう。ぜひハイブリッド車をお探しの際はクラウンアスリートも視野に入れてみてはいかかでしょうか。

 

 

 

プリウスとプリウスα

トヨタのハイブリッド車で特に有名で人気のある車種といえば「プリウス」があげられるでしょう。ですが、プリウスは非常に人気があるため公道で見かけない事がないほどプリウスが目に入ってくる事が多いです。なので、少し個性が無い様に思ってしまうかもしれませんが、環境にも家計にも良く、快適に走れる車を乗りたいのは皆さん一緒の考えなのでプリウスを良く見かける事は良い事でしょう。プリウスにはプリウスαというのもあるのですが、これはプリウスを基本形としているが、プリウスに快適さのクオリティがアップしたバージョンと言えるでしょう。

 

プリウスの車内の広さや使いやすさは非常に良かったのですが、プリウスαはさらにそういった事を追求しているのでさらに快適な車内を味わう事が出来るでしょう。燃費の良さはハイブリッド車の中でも非常にいいですし、エコカー減税対象ですので、車税による家計への負担も減る事でしょう。車のデザインもプリウスと比較して非常に格好の良いデザインになっています。新車でもプリウスとほとんど変わらない値段ですので、ハイブリッド車そしてプリウスをお買い求めの人であれば「プリウスα」を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

人気のプリウス

家計にも環境にもいい車を乗るのであればハイブリッド車がおすすめですが、特にトヨタのハイブリッド車はおすすめできるでしょう。トヨタで有名なハイブリッド車といえば「プリウス」でしょう。プリウスの燃費の性能はハイブリッド車の中でもトップクラスで日頃のガソリン代は普通車と比較しても結構うくでしょう。

 

そしてなによりエコカー減税対象なので、車税による維持費の負担がぐっと抑える事が出来ます。それらのメリットですと他の車種でも良さそうに感じるかもしれませんが、車内の広さは格別です。後部座席を倒したら2人は十分に寝られるスペースもあるので、快適な車内は家族で利用しても十分なくらいの満足度でしょう。車のデザインもシンプルで非常に良いのですが、トヨタからすると良い事なのですがプリウスは多くの人に人気があり需要があります。

 

その為、街中など様々なところでプリウスを乗っている人を見かけるため、個性が感じられなくなってしまうという事を感じるかもしれません。しかしすべてをトータルしてみても、この性能で200から300万くらいで購入出来るので非常にお買い得といえるでしょう。是非ハイブリッド車をお求めのかたはプリウスを検討されてみてはいかかでしょうか。

 

 

 

 

 

アクア

車は普段の生活で使うのであれば求めるのは「燃費」・「走行性」「デザイン」などではないでしょうか。そしてそこに車内の快適さが加わると日常生活では十分な車と言えるでしょう。その条件に当てはまる車種と言えばトヨタの「アクア」でしょう。トヨタのアクアはトヨタのハイブリッド車の中でも特に多くの人に人気のある車種なのですが、多くの人気の理由には「維持費及び燃費」が非常に安いところでしょう。

 

トヨタのアクアは減税対象ですので車税に対する措置がある程度優遇されています。この減税対象だけでも非常に家計には優しい事でしょうが、アクアの燃費はハイブリッド車の中でも非常に優れている方で、当時では世界トップクラスの燃費を誇っていた事もあるのですが、今でも十分ハイブリッド車の中でも優れている燃費を持っているでしょう。

 

そういった車にかかる費用が節約出来るのはアクアが優れているでしょう。そしてそれだけではなく、走行性にも非常に優れている為、ハイブリッド車でも満足のいく運転が出来るでしょうし、車内も快適なデザインになっているので、家族で利用しても十分快適なことでしょう。ハイブリッド車をお求めの方は是非「アクア」をおすすめします。

 

 

 

 

 

トヨタの人気のハイブリット車

earth300

環境にも家計にも優しい「ハイブリット車」は多くの人に利用されています。特に人気のあるハイブリット車はトヨタの「アクア」や「プリウス」が多くの人に利用されているでしょう。しかし、ハイブリット車は燃費も良いのでガソリン代等はお得で良いのですが、ハイブリット車の購入価格は高そうなイメージかあるでしょう。

 

価格はトヨタのアクアで新車200万しないくらいですが、プリウスは200万から300万ほどします。プリウスを軸にしてつくられてた車としては「プリウスα」というのも有名ですね。どれもトヨタが誇るハイブリット車で燃費も非常にいいです。アクアに関しては当時世界で一番の低燃費を40Lで実現したとも言われています。そしてアクアは車内の快適さや走行機能にも優れている為、トヨタのハイブリット車の中でも特に人気のある車種と言えるでしょう。

 

さまざまなハイブリット車がありますが、この値段でこの性能を持ち合わせた車を買えるというのはとてもすごい事と感じますね。燃費や環境、走行性の事を考えて今車を買い替えようと検討している人は是非トヨタの人気のハイブリット車を検討されてみてみてはいかがでしょうか。きっと満足出来るはずでしょう。

 

 

 

 

プリウスアルファ

クルマにおいて派生モデルが発売されることは良くありますが、日本が世界に誇るハイブリッドカーの「プリウス」においても、「プリウスアルファ」と呼ばれる派生モデルが売り出されています。プリウスはもともと5人乗りのハッチバックボディを持っているハイブリッドカーなのですが、プリウスアルファはハッチバックボディでは物足りなかった居住スペースのアップに重点を置いて開発されたステーションワゴンモデルのプリウスになります。

 

ボディタイプとしてはそのステーションワゴンが5人乗りであり、7人乗りのモデルもプリウスアルファには用意されており、そちらはミニバンと言うジャンルに分けられるものとなっています。基本的にボディのタイプが違うだけで中身はプリウスそのままであり、プリウスアルファももともとのプリウスと同じように個人タクシーで利用されることがあります。

 

このプリウスアルファもプリウス同様に大ヒットを記録しているモデルになるのですが、具体的な数字で挙げてみるともともとは1ヶ月の受注台数を3000台に設定していたのですが、わずか発売から1ヶ月のあいだでなんと17倍の数字であるおよそ5万2000台をたたき出す結果になりました。

3代目プリウス

大ヒットをしたトヨタのハイブリッドカーである「プリウス」が、その2代目プリウスからフルモデルチェンジをして3代目プリウスに生まれ変わったのが2009年ことでした。3代目プリウスが2009年に発売されてからも2代目プリウスは2011年まで発売がつづけられていたのですが、今では完全に3代目プリウスのみの発売となっています。

 

今、この3代目プリウスは世界93ヶ国と言う例を見ないほどの多くの国において売り出されているクルマであり、その国ごとの規制にあわせるための使用変更などはあれど、3代目プリウスはどの国でも名前が変わることなく「プリウス」として販売されています。

 

デザイン面で見てみると3代目プリウスは2代目プリウスとさほど変わりは無いのですが、フロントマスクがよりシャープな顔つきになったのが特徴的であり、グッドデザイン大賞を獲得した2代目プリウスからのデザインをほぼそのまま受け継ぐ形になっています。世界中で認められている「日本のクルマのエリート」として知られている3代目プリウスは、モータースポーツのフィールドでもスーパーGTにレースカーとして参戦したり、さまざまなチューニングパーツが売り出されています。

 

 

 

2代目プリウス

初代プリウスが余りヒットしなかった反省を踏まえて、2代目プリウスがハッチバックの5ドアボディで売り出されることになりました。ここからあの全世界にプリウスが大ヒットするベースをつくって行くことになります。先代の初代プリウスは4ドアのセダンボディになっていましたが、この2代目プリウスにおいては日本における販売が考えられた結果としてそのハッチバックボディで売り出されることになり、全体的に大柄なイメージになったのが2代目プリウスなのです。

 

この2代目プリウスと初代プリウスのようにボディの形が変更されることはあまり例を見ないケースでありますが、これは結果的にプリウスの大ヒットにつながるのでした。さらに2代目プリウスのデザインはグッドデザイン「大」賞を獲得し、教習者として使われることもあれば、タクシーとしての利用もされるようになりました。またテクノロジーにおいても世界初のこころみとなる、場所を指定するだけでクルマが勝手に駐車をしてくれるシステムの「インテリジェントパーキングアシスト」や、横滑り防止システムとパワーステアリングシステムを融合したシステムの「S-VSC」などが採用されていたクルマとなっていました。

初代プリウス

hiburidcar

 

今世界中で大ヒットしている「プリウス」ですが、じつはこのプリウスの初代モデルは今ではかんがえられないほどあまり売れなかったモデルとなっていました。初代プリウスは1997年に発売されましたが、当時はまだハイブリッドカーというジャンルがまだまだクルマユーザーの中には浸透していない時代なのでした。それに加えてハイブリッドエンジンに関するテクノロジーもぜんぜん進んでいない状況でありましたし、開発費もそれに比例するように高くなってしまうのがどうしてもおさえられなかったのです。

 

ですからこうしたことで初代プリウスは人気があまり出ずに、その当時の同じクラスのクルマとくらべても割高になっていたことから今のような人気が出なかったのです。さらに今初代プリウスのエンジンを直して走ろうとすると、パーツの交換費用でこれまた高い費用がかかってしまうことになります。ですから初代プリウスを廃車にして、2代目のプリウス、もしくは3代目のプリウスに乗り換えるプリウスオーナーが続出しているのです。このように今となっては逆にめずらしい存在の初代プリウスは、見かけることが出来たらラッキーな日であると言う基準にも使われることがあります。

プリウス

世界に誇る日本の産業と言えば「クルマ産業」がありますが、その家庭で生み出された多くのクルマは世界でも認められているものが多くあります。その中で、世界約100カ国において認められているクルマであり、ハイブリッドカーのみならず日本のクルマの中のエリートとして認められているのが、トヨタが発売しているハイブリッドカーの「プリウス」なのです。

 

プリウスは1997年に初代モデルが発売しましたが、当時はまだハイブリッドカーと言うジャンルが世の中に浸透していなかったこともあって余りヒットしませんでした。今のヒットのベースをつくったのが2003年に発売された2代目プリウスであり、デザインに関してはグッドデザイン大賞を受賞し、個人タクシーや教習者としての利用もされて国内のみならず世界へも羽ばたいていきました。

 

そしてその2代目プリウスが2011年まで発売されるいっぽうで3代目プリウスが2009年に発売し、この3代目プリウスが今では世界93ヶ国と言う多くの国々で売り出されているのです。またプリウスはモータースポーツでもラリーやスーパーGTなどで活躍したエピソードもありますし、プリウスのチューニングパーツも販売されています。