Author Archive

ハイブリッドカー

私たちが良く耳にすることのあるエコカーと言えば、やはりハイブリッドカーが一番でしょう。

 

ハイブリッドカーはテレビのコマーシャルや雑誌の広告などでも良く耳や目にすることが多いものですが、どう言うエネルギーを使って車を動かしているのかが気になるところです。

 

簡単に言ってしまえば、車を動かすエネルギーが「2つ以上」存在している車になります。

 

ハイブリッドカーとして有名なトヨタのプリウスやホンダのインサイトは、エンジンのほかにモーターを動力として一緒に使うことで、エンジンの負担を減らすことが可能になると言うことが売りとなっています。

 

またこれは自動車だけではなく、たとえば自転車でバイクであったりという二輪車、また鉄道車両にもハイブリッドエンジンのものが出て来るようになりました。こうしたハイブリッドの普及はさまざまなところで行われていますが、ハイブリッドカーは日本でも人気の車種の1つです。

 

こうしたエネルギーをあまり必要としなくなることで出費も抑えることが出来ますし、税金の面などでも優遇されるのがわかりやすくもあるために、今の車社会においてハイブリッドカーは一種の社会現象を巻き起こしていると言っても良いでしょう。

 

電気自動車

近年、ハイブリッドカーなどのエコカーに新たな仲間が加わってきました。
それが電気自動車であります。

 

電気をエネルギーとするこの自動車に関しては何年も前から研究が進められてきました。
ですが車の中に発電装置を搭載すると言った仕組みの自動車としてソーラーカーであったり燃料電池自動車であったりと言うものが研究されても結局現在までまだ実用化されるまでにはいたっていないのが現状です。

 

しかし携帯電話のように外部からの充電をすることによって完全に自動車が電気で動くようになることは日産自動車のリーフと言う車が有名になったことで認知されるようになりました。

 

このリーフを始めとした電気自動車にはいろいろなタイプの電気自動車がありますが、いずれにも共通して言えることは電気によって動くためにまず音や振動が静かであると言う点が挙げられます。

 

それからエンジンを起動するためのエネルギーも十分確保することが出来ますし、それにともなってエンジンが高回転まで回っても消費エネルギーの大きさにあまり変化が見られません。

 

このことから変速機もほとんど必要が無いためエネルギーの消費を抑えることが出来ますので、これからの注目されるエコカーになるでしょう。

 

 

天然ガス自動車

エコカーの中でも特にバスやトラックと言った商業車に多いエコカーが天然ガス自動車になります。

 

天然ガス自動車は名前の通り天然ガスをエネルギーとして走る自動車でありますから、ディーゼルエンジンの車と比べて排気ガスの中に含まれている有害物質である黒煙やNox、Soxと言ったものが大幅に少ないことがエコロジーとされている自動車です。

 

このことからエコカーとして自動車のエネルギーに使われて広まりつつありますが、その反面このエネルギーはガスなので気体であることから運ぶことが難しく、また貯蔵しておくのにも一苦労であるといったデメリットも存在します。

 

この天然ガス自動車には大きく分けて2つのタイプがあり、1つは前述のようにトラックやバスなどと言ったもともとディーゼルエンジンを搭載した車をベースにこのエネルギーが使われることがあるのと、ガソリンエンジンを積んだ車をベースとして使われるケースが存在します。

 

年々この天然ガス自動車の普及台数は伸びつつありますが、それでもまだこのガススタンドは規模も小さく店舗も少ない状況ですし、メジャーなものであるとは言い切れないのでこれからの発展が期待される自動車のエネルギーとなっています。

 

 

エコカーの種類

010351

 

エコカーと一口に言っても何を持ってエコカーとするのかはあまり分からないと言う人も居ます。

 

具体的にはエコカーの定義が世界で定められており、良く聞くことの多い電気自動車、天然ガスで走る圧縮天然ガス自動車、それからメタノール自動車、なじみの深いハイブリッド自動車、ほとんど耳にしない圧縮空気車の5つがエコカーとして認定されており、税金が安くなったり補助金が出たりと言う優遇される面が存在している車になっています。

 

それからその逆として、新車で購入した車は13年、ディーゼル車にしては11年と言う以上の年月で同じ車を乗り続けている場合、逆に税金への負担が発生します。

 

しかしながらこうしたエコカーには違った部分での環境悪化の面も指摘されており、たとえばハイブリッドカーであったり電気自動車にはバッテリーが搭載されている仕組みですが、このバッテリーを廃棄処分するとなるとかえってその分、ガソリン車よりも環境に悪いとされています。

 

それから日本においてはいまだに石油代替法と呼ばれる法律が足かせとなって燃料電池自動車が低公害の車とされていないことや、圧縮天然ガス自動車とほとんど排気ガスの面で差がないLPガス自動車が低公害車から除外されていたりと混乱があることもうかがえます。

 

 

三菱・i(アイ)

アルファベット一文字の車として印象的なのが三菱から発売されている軽自動車のi(アイ)です。

 

この車は軽自動車としてはとてもめずらしいエンジンを真ん中に積むミッドシップレイアウトを採っており、F!のレーシングカーにも採用されているレイアウトとしてブレーキをかけたときに非常に安定している車になります。

 

そしてこのiをベースとして生産され販売されているのがi-MiEVアイ・ミーブ)になります。
i-MiEVは今コマーシャルで話題になっている日産のリーフよりも前の2006年に発表された完全な電気自動車であります。

 

2009年から製造を開始され、2010年には一般家庭にも販売を開始し、それにともなってテレビコマーシャルも生まれました。

 

このi-MiEVもリーフと同じく二酸化炭素の排出量がまったくのゼロであり、ハイブリッドカーの3分の1から4分の1と言うエネルギーの消費量もあいまって次世代のエコカーとして注目されるようになったのです。

 

車両本体価格としては最先端の技術を詰め込んでいるため軽自動車としては高めの価格設定になっていますが、国からの補助金が交付されるために廉価グレードが188万円で購入できるので、実際の負担額としては少ないほうであると言えます。

 

 

ホンダ・インサイト

トヨタのプリウスと共に双璧を成す日本のハイブリッドカーとして有名なのが本田技研工業から発売されているインサイトです。

 

2006年に一旦製造・販売を終了しましたが、その3年後の2009年にはコンセプトを大幅に変更して復活したハイブリッドカーになります。

 

印象だけで見れば初代のインサイトは普通の車と比べて奇抜なデザインでありました。
なんと言っても後ろのタイヤが半分隠れているデザインで登場し、まるでSFものの映画やアニメに出てくるような未来の車を連想させたり、レーシングカーのようなデザインが目を引くクーペボディが印象的でした。

 

それが2代目になると今度は初代の面影を残しつつも普通の車のデザインとなり、5ドアの5人乗りデザインとなるなど印象としては地味になったともいえます。

 

そんなインサイトはライバル車でもあるプリウスとは逆のハイブリッドスタイルを採っており、プリウスがモーターをメインとするのに対しインサイトはエンジンをメイン動力として、パワーのアシストにモーターを使う手法をとっています。
ですが基本的にハイブリッドカート言うことは変わらないので、こう言うところで他のエコカーとの差別化を図っているともいえます。

 

 

日産・リーフ

テレビのコマーシャルなどで最近有名なエコカーとして、「100パーセント電気自動車」というキャッチフレーズで話題となっているのが日産自動車が発売しているリーフです。

 

これはその通り電気しかエネルギーとして使わない構造になっているため、ガソリンを給油するという概念が無いことがもっとも大きなポイントとして挙げられます。

 

そのため二酸化炭素の排出に関してもまったくのゼロであり、携帯電話と同じく充電をするだけで走れてしまう画期的な自動車になっています。

 

また新車で購入したときにかかる自動車の重量税と、自動車の取得税の2つの税金が全額免除されると言った嬉しい特典も付いている車です。

 

日本では2010年12月20日に販売が開始されましたが、当時はあまり有名と言えるものではなく、最近になってコマーシャルの普及で有名になってきた車でもあります。

 

また一般家庭だけではなくタクシー会社にも導入されることがあり、大阪のタクシー会社では32社のタクシー会社に50台が納入されています。

 

この画期的なエネルギーを持ち、「給油」と言う自動車の概念を覆したこの車を始め、給油から「充電」にエネルギーの補給方法が変わることもそう遠くは無いのかもしれません。

 

 

トヨタ・プリウス

ハイブリッドカーで車に詳しくない人でも名前くらいは知っている、と言う車がトヨタのプリウスでしょう。

 

なんと言ってもこのプリウスは世界初となる、量産ハイブリッド専用車として開発が進められ販売が1997年にスタートしました。

 

今では世界93カ国で発売されていて、世界でもトップクラスのの知名度を誇るエコカーの代名詞とも言うべき存在になっています。

 

しかし、初代においては215万円と言うこのボディサイズのセダンクラスにしてはあまり安くは無い存在であり、同じようなクラスのボディを持つカローラがグレードによっては100万円以下で買えることもあって大ヒットまでは行きませんでした。

 

プリウスが大ヒットしだしたのは2代目からであり、この時からエコロジーやハイブリッドと言うものが注目され始めた結果ヒットを飛ばすようになりました。

 

こうした背景を持つプリウスは現在においてもまだまだ生産が続けられているハイブリッドカーであり、その仕組みはモーターを主力のエネルギーとして、エンジンはそのモーターのエネルギーが足りなくなったときに補助エネルギーとして稼動するシステムになっており、あくまでモーターがメインと言うハイブリッドカーになっています。

 

 

代表的なエコカー

日本国内だけでも自動車メーカーは数多く存在します。

 

トヨタ、日産、スバル、三菱、マツダ、ホンダなどと言ったメーカーが存在し、それぞれが自動車メーカー同士であるためにライバルのメーカーに負けないように日々新車の開発であったりサービスの向上に努めたりと言うことをしていますが、エコカーの開発や生産、そして販売に関しても同じことが言えます。

 

代表的なエコカーとしてはまずトヨタのプリウスが挙げられるでしょう。

 

それからホンダのインサイトであったり、100パーセント電気自動車である電気しか使用しない日産のリーフ、新たなエンジンの開発に着手したことで話題となった三菱のi(アイ)などが存在します。

 

こうしたエコカーは今のコンパクトカー、軽自動車、エコロジーへの関心と言った消費者のニーズにこたえるべく生み出されてきた車とも言えますし、事実販売台数の傾向としてはこれらの小さな車、エコな車が売れる傾向にあります。

 

こうしてエコカーは徐々にその勢力を伸ばしてきて、今では一昔前までスポーツカーや高級セダンが人気だった状況をまったく想像させないくらいの売り上げになっていますし、これから先もこうしたエコカーやコンパクトカーのブームはまだまだ終わる気配がありません。