ホンダ・インサイト

トヨタのプリウスと共に双璧を成す日本のハイブリッドカーとして有名なのが本田技研工業から発売されているインサイトです。

 

2006年に一旦製造・販売を終了しましたが、その3年後の2009年にはコンセプトを大幅に変更して復活したハイブリッドカーになります。

 

印象だけで見れば初代のインサイトは普通の車と比べて奇抜なデザインでありました。
なんと言っても後ろのタイヤが半分隠れているデザインで登場し、まるでSFものの映画やアニメに出てくるような未来の車を連想させたり、レーシングカーのようなデザインが目を引くクーペボディが印象的でした。

 

それが2代目になると今度は初代の面影を残しつつも普通の車のデザインとなり、5ドアの5人乗りデザインとなるなど印象としては地味になったともいえます。

 

そんなインサイトはライバル車でもあるプリウスとは逆のハイブリッドスタイルを採っており、プリウスがモーターをメインとするのに対しインサイトはエンジンをメイン動力として、パワーのアシストにモーターを使う手法をとっています。
ですが基本的にハイブリッドカート言うことは変わらないので、こう言うところで他のエコカーとの差別化を図っているともいえます。