代表的なエコカー

日本国内だけでも自動車メーカーは数多く存在します。

 

トヨタ、日産、スバル、三菱、マツダ、ホンダなどと言ったメーカーが存在し、それぞれが自動車メーカー同士であるためにライバルのメーカーに負けないように日々新車の開発であったりサービスの向上に努めたりと言うことをしていますが、エコカーの開発や生産、そして販売に関しても同じことが言えます。

 

代表的なエコカーとしてはまずトヨタのプリウスが挙げられるでしょう。

 

それからホンダのインサイトであったり、100パーセント電気自動車である電気しか使用しない日産のリーフ、新たなエンジンの開発に着手したことで話題となった三菱のi(アイ)などが存在します。

 

こうしたエコカーは今のコンパクトカー、軽自動車、エコロジーへの関心と言った消費者のニーズにこたえるべく生み出されてきた車とも言えますし、事実販売台数の傾向としてはこれらの小さな車、エコな車が売れる傾向にあります。

 

こうしてエコカーは徐々にその勢力を伸ばしてきて、今では一昔前までスポーツカーや高級セダンが人気だった状況をまったく想像させないくらいの売り上げになっていますし、これから先もこうしたエコカーやコンパクトカーのブームはまだまだ終わる気配がありません。