三菱・i(アイ)

アルファベット一文字の車として印象的なのが三菱から発売されている軽自動車のi(アイ)です。

 

この車は軽自動車としてはとてもめずらしいエンジンを真ん中に積むミッドシップレイアウトを採っており、F!のレーシングカーにも採用されているレイアウトとしてブレーキをかけたときに非常に安定している車になります。

 

そしてこのiをベースとして生産され販売されているのがi-MiEVアイ・ミーブ)になります。
i-MiEVは今コマーシャルで話題になっている日産のリーフよりも前の2006年に発表された完全な電気自動車であります。

 

2009年から製造を開始され、2010年には一般家庭にも販売を開始し、それにともなってテレビコマーシャルも生まれました。

 

このi-MiEVもリーフと同じく二酸化炭素の排出量がまったくのゼロであり、ハイブリッドカーの3分の1から4分の1と言うエネルギーの消費量もあいまって次世代のエコカーとして注目されるようになったのです。

 

車両本体価格としては最先端の技術を詰め込んでいるため軽自動車としては高めの価格設定になっていますが、国からの補助金が交付されるために廉価グレードが188万円で購入できるので、実際の負担額としては少ないほうであると言えます。