初代プリウス

hiburidcar

 

今世界中で大ヒットしている「プリウス」ですが、じつはこのプリウスの初代モデルは今ではかんがえられないほどあまり売れなかったモデルとなっていました。初代プリウスは1997年に発売されましたが、当時はまだハイブリッドカーというジャンルがまだまだクルマユーザーの中には浸透していない時代なのでした。それに加えてハイブリッドエンジンに関するテクノロジーもぜんぜん進んでいない状況でありましたし、開発費もそれに比例するように高くなってしまうのがどうしてもおさえられなかったのです。

 

ですからこうしたことで初代プリウスは人気があまり出ずに、その当時の同じクラスのクルマとくらべても割高になっていたことから今のような人気が出なかったのです。さらに今初代プリウスのエンジンを直して走ろうとすると、パーツの交換費用でこれまた高い費用がかかってしまうことになります。ですから初代プリウスを廃車にして、2代目のプリウス、もしくは3代目のプリウスに乗り換えるプリウスオーナーが続出しているのです。このように今となっては逆にめずらしい存在の初代プリウスは、見かけることが出来たらラッキーな日であると言う基準にも使われることがあります。