天然ガス自動車

エコカーの中でも特にバスやトラックと言った商業車に多いエコカーが天然ガス自動車になります。

 

天然ガス自動車は名前の通り天然ガスをエネルギーとして走る自動車でありますから、ディーゼルエンジンの車と比べて排気ガスの中に含まれている有害物質である黒煙やNox、Soxと言ったものが大幅に少ないことがエコロジーとされている自動車です。

 

このことからエコカーとして自動車のエネルギーに使われて広まりつつありますが、その反面このエネルギーはガスなので気体であることから運ぶことが難しく、また貯蔵しておくのにも一苦労であるといったデメリットも存在します。

 

この天然ガス自動車には大きく分けて2つのタイプがあり、1つは前述のようにトラックやバスなどと言ったもともとディーゼルエンジンを搭載した車をベースにこのエネルギーが使われることがあるのと、ガソリンエンジンを積んだ車をベースとして使われるケースが存在します。

 

年々この天然ガス自動車の普及台数は伸びつつありますが、それでもまだこのガススタンドは規模も小さく店舗も少ない状況ですし、メジャーなものであるとは言い切れないのでこれからの発展が期待される自動車のエネルギーとなっています。